医薬品

包茎手術はコンプレックス解消に必須|クリニック探しのコツ

EDの原因とは

悩む男性

男性は歳を重ねるにつれ、ED(勃起不全)になる確率が高くなってしまうと最近では言われています。しかしEDは年齢に関係なく、若い人でも起こりうる病気です。これは大阪でも例外はなく、生活習慣の乱れからEDになってしまったり、心因的な問題からEDになってしまったりすることが大阪でも多くあります。EDになるには幾つか原因があって、血管や神経などにトラブルがある場合や、糖尿病などの生活習慣病が原因となる身体的な場合、心理的なストレスが原因となっている場合があります。他にも解熱、消炎鎮痛剤や抗うつ剤などの薬剤でEDが起こりうる場合もありますが、こちらは稀です。大阪でも自身で身近に対策できるものとしては、心因的な原因の場合と生活習慣病などの生活パターンが原因になっている場合になります。
大阪でもよくある心因的な問題は、私生活におけるストレスや、性行為の際に「うまくこなさなければならない」といった思い込みや緊張からくるストレスなどからうまく勃起しなくなってしまうことがあります。特に初めて性行為を行う場合などは、男性がうまく勃起できないということが一般的によくあります。こういった場合は、なるべくストレスを発散することや、ストレスなく性行為を行うためにパートナーに緊張していることを正直に打ち明けたりすることが大切です。また、生活習慣病の場合は生活パターンの悪化からくる動脈硬化の影響でEDが起こりやすくなってしまいますので、食生活を見直したり、適切な運動を行ったりといった根本的な解決が必要となります。